シャンプー

使いはじめたシャンプーの香りが何か微妙…。夫が日用雑貨関係の仕事をしているのでシャンプーなんかの新製品のサンプルをもらってくるので、シャンプーはほとんど買わないでそれを順番に使っているんだけど、使う頃にはまったく新製品でもなくなってたりする。むしろもう店頭から見かけなくなったりした物や最初から店頭で見かけない物とか…。
二日前まで使ってたシャンプーは海の香りがしてさわやかだったな…ところが今回のシャンプーはシャンプー独特のよい香りがまったくしない。だけどなんかしってる香りである。ん〜何だっけ?何だっけこの香り?と思って突然ぴかーんときた。
蝋燭の香りでした(汗)
アロマっぽいとかそういうんじゃくて、あの仏壇にある白い蝋燭のろうの匂いです。
今は海の香りのコンディシヨナーが残ってるけど(どうしてもシャンプーのが先に終わりますよね?)そのうち蝋燭の香りのシャンプー、コンディショナーになり私の頭は蝋燭の香りになると思います。近々ライブで一緒になる人ごめんなさい。蝋燭くさかったらたぶんそれは私の頭…。

さて一日仕事をして帰ってきたらフリクションのチケが届いていた。わーい!番号もまあまあ良くまあ最前なんかは無理だけどレックのお顔が見える場所にいけそうです。それからちょい前にダイナソーROVOのチケも届きそれもまあまあな番号だった。あとは日程をやりくりするのとチケ代の引落にそなえなくては…。

夜、喜多善男、最終回。やっぱりなんか最終回って甘くなる気がする。でも十分面白かったけどね。
最終回だからかなんか原作者の島田雅彦がでていて笑った。そして原作とはまったく違った展開。原作のままのあの殺しやとのロードムービー風な顛末を映画とかにしても面白いかもしれない。