遠藤周作「その夜のコニャック」

例のコマーシャルに触発されて本棚から引っ張り出してきました。読み始めて、ああ、と思った。ちょうどオカルト期?の遠藤物。この頃の彼はこういう不思議なものに関心があってそういう作品がけっこうあった。「スキャンダル」を読んだ時にとてつもなく怖かったのを思い出しました。
これはでも怪談話っぽかったり、うまく出来た読み物という感じ。なつかしさを感じながらさらさらと読んだ。

その夜のコニャック (遠藤周作 小説の館)

その夜のコニャック (遠藤周作 小説の館)