濱Jam祭 presents 「MIRACLE」@横浜ベイホール

GOMA&JUNGLE RHYTHM SESSION / ROVO / DACHAMBO

昨日から天気もよくて暖かかったのにお昼すぎから空が真っ黒になり雪まで振り出した。そんな中を高速バスで東京へ。強風の影響で中央線もダイヤが乱れてる模様なので国分寺にはいかず待ち合わせの荻窪へ。山本さん友達3人でいざ横浜へ〜。今日はROVOの出るオールナイトイベントです。

 元町・中華街駅に着くと偶然ROVOのライブでよく会うIさん達と遭遇(笑)5人で強風吹き荒ぶ中、地図をたよりにベイホールへ。本当に半端じゃない暴風、なんでも東京は今日春一番が吹いたらしい。いや吹きまくってる中を飛ばされそうになりながら歩く。ベイホールは相変わらず辺鄙だな・・・・。

 10時の開場とともにロビーには入れたけれどフロア開場はちょこっと時間がおした。
GOMAちゃんが始まる頃にはフロアはお客さんでいっぱい。GOMA&JUNGLE RHYTHM SESSIONはなかなかかっこよかったです。ドラム、パーカッションの4人の迫力、GOMAちゃんが手をあげるたびに気持ちが盛り上がる。最後は前に出てきてあげあげな感じで楽しかった〜。 また7日にジョイハイツと対バンなので楽しみ。

オールナイトの長丁場、ROVO待つまでがしんどいだろうなと思ってたけど、ROVOの機材がセッティングされるのを見てやらあっという間に時間が経った気がした。眠くなるかなと思ったけど時間が迫ってくるにつれてなんか珍しく緊張してきた自分。期待に胸がわくわくしてしまう。それはステージに出てきた山本さんを見た途端最高潮に(汗)
 もうなんていうのかあまりにかっこよくてボーっとなってしまい、そんな自分にオイオイ・・・と言ってる自分がいたりして(笑)1曲目が終わると同時にあまりに興奮して隣の友達の腕をつかんでしまう始末。
 何しろ今日はギターの音がものすごく大きくてバリバリに聞こえてきたのですよ。いつもは勝井さんのヴァイオリンの音にかき消される山本さんのギター、動きを追いつつこの音がギターの音と想像して聞くこともあるくらいなんだけど今日は反対でした。照明の人達が鏡を使ったりして見事な光を演出したり(天井に網がかけられていてそこに光がうつしだされていたり)後ろからの渦渦の映像がちょうど山本さんから巻き出てくるようでなんだか頭がくらくらしました(笑)そんな感じでほぼ山本さんしか見てなかったんだけどROVO、やっぱりめちゃくちゃ気持ちよいわ〜!!!横浜まできてよかったなあ・・・としみじみ。山本さんの早業グラサンはずしも見れたし(笑)

 残念なのはやっぱり客のマナーの悪さ。こんな真夜中のイベントに酔っ払うなとは言わないけれど最後の曲の始めの音の静かな所で前に来て大声でしゃべってる男女!本当に興ざめです。ああ、どっかにいっちゃってよ!と思った。

 ROVOが終わり飲み物を飲んでロビーに出るもタバコやなんやの空気の悪さに閉口する。皆で相談してDACHAMBOは諦めて外に出る。石川町まで歩いて居酒屋でご飯食べました。行きと違って風がやんでたので歩きやすかったな。