小川洋子「夜明けの縁をさ迷う人々」

 東京からの帰りのバスでずんずん読んだ。

 小川さんらしい短編が9つ。「イービーのかなわぬ望み」だけ「野生時代」掲載時に読んだ。
 最初の1話目を読み始めた途端、ああ、小川さんだと思い、小川さんの空気が流れ出す。本を読み時のこういう瞬間が好きだ。過去に読んだ作家の本を読むときにああそうだと流れ出すこの感覚。
 小川さんの短編は透明でありながらやはり淫靡だなと思う。
 サンバカツギ・・・・怖い。

夜明けの縁をさ迷う人々

夜明けの縁をさ迷う人々