人体の不思議展とひつまぶしと靴屋

朝、しばし妹の仕事の悩みについて話す。昨夜は眠くて私が早々寝てしまったのでゆっくり話せなかったので。もっと仕事を深くやりたいけれど家庭も(育児ですかね)人任せにはしたくない。そういうジレンマは家庭を持ちつつ働いている女の人は皆もっているんじゃなかろうか。あまりいいアドバイスをあげられなかった。妹の方がそういう所凄くまじめ。
9時前の妹の出勤時間にあわせて自分も出かける。新大阪でのIさんとの待ち合わせまでに時間があったのでなんと前々から一度見てみたかった「人体の不思議展」を見に行ってきました。それで驚きだったのがそこにある体が模型ではなく全部献体されたものだと言うこと!そう思って見ると睫毛や、歯や、爪なんかが生々しい物として感じられてしまう。いったいここにいる人(献体された)はどういう運命でここに来ることになったんだろう…どこの国の人達なんだろう…どんな死に方をしたんだろう…などと。そんな事を思いながらも躊躇せずじっくりと見ていく自分。

お昼すぎに昨日も一緒にROVOを見たIさんとぷらこまで名古屋に移動。Iさんとはちょうど去年の今頃やはりROVOの遠征で知り合ったのでした。得三でのライブまで時間がたっぷりありすぎだったんだけどとても楽しい時間を過ごしました。
名古屋駅でロッカーに荷物を預けて今池に移動〜Iさんが探してくれていたお店でひつまぶしを食べる。実はこうやってきちんと、ひつまぶしを食べるのは初めてだったので感動しました。凄くおいしかった〜。
そこからもまた時間はたっぷりあったので今池の街をぶらぶら。ふと入った靴屋さんが面白かった。なんというのか…こ、この靴はありなの?ってデザインの靴があったりして。
これは是非、灰野さんな履いてほしいと思うフリルがついた黒い靴や、飲み屋のママが休日にお客さんときのこ刈りに行く時にぴったりなスニーカーやら。そういう勝手なシチュエーションをあれこれ付けながらふたりで靴を見てまわりました(お店の人スミマセン)
その後まだまだ時間があったので百均に行って面白い物を見たり(結局ここで買った子供用空気枕は首が苦しくて使わなかった。子供用だからね)本屋に行ってカラオケ雑誌見たり、ヌードポーズ集なるもの見たり、ちょっと愉快に時間を使って得三へ。