村上春樹「遠い太鼓」

 さて「遠い太鼓」を読みました。単行本で持ってるのに旅のお供にと文庫本を買ってしまったので。でた当時に読んでから読んでなかったから20年ぶりくらいなのかな?もっとお気楽な感じだと思っていたけれど、その当時の村上春樹の心情が結構追い詰められていたんだとわかりびっくりした。40歳というくぎり。それを超えて作品がベストセラーになったがゆえの空虚感。

 時代の波に流されないで自分のペースで仕事し、生活することの難しさ。それを保っている村上春樹はやっぱり強靭だと思う。

 しかしローマについての文は可笑しかった。本当なの?と思うけれど本当だからあんなに憤りを含んだ文章になるんだろう(またそこがユーモラスだけれど)

遠い太鼓 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)