ファイ10周年 〜9.15事変ニッポンジン東京湾襲来@幕張メッセ

 新宿で友達と別れて新木場に着いたのは12時20分過ぎだった。けっこうその時間から行く人も多かった。友達と入り口のところで待ち合わせ。よかった〜ひとりでオールはやっぱり不安だったから。しかしエスカレーターを下がると爆音とともにものすごい人の多さにびっくり。さっきまでシアターpooにいたのが嘘みたい。しかも着飾ったきれいなお姉さん、おしゃれなお兄さんでいっぱいで、もうこれは気後れしすぎである。なんかひどく場違いな場所にきたような・・・・。フードスペース、やっとあいてる場所を見つけて座り、キャロラインの感想などを聞く。
 そうしたら知人達がライブスペースにいると言うことなので行ってみることに。ちょうどそういう時間だったのかそっちのほうが人が少なくて空気もきれいな気がした(笑)
 ステージ上には高〜い場所にDjブースが設けられていてそこで田中 知之さんがdjしていた。普段絶対自分じゃ行かないような感じなんだけどなかなか楽しかった。
 しかしどんなイベントいってもNirvanaのあの曲が鳴らされて、皆が大興奮して踊るのでこちらはあれがかかると一気にシューっと冷めてしまうのである。どうしてだろう・・・・Nirvana、あんまりピンとこないからかな・・・。

 さてさてお目当てのTHE ANONYMOUS。キャロライン見れなくてもこちらをお目当てに夜中にやってきたのです。色んな人からとにかくかっこいいよ!と聞いていたから期待は高まるばかり!

 しかし・・・・あんまりちゃんと覚えてないんです(汗)

 キャロラインと曲はぜんぜん違うよと皆が言うとおり打ち込みにはじまるインスト曲ばかり。ウエノコウジのこういうベースって聞いたことあるかな?と思えばないかもしれない。結構客に向かって弾かれてるキャロラインの時と違って、内側というのかメンバー間で音をぶつけ合ったりしてるんだろうなと思った。ウエノさんは楽しそう。

 しかしあんまり覚えてないです、ANONYMOUSのウエノコウジを。それは加藤チャーハンに目がいってしまってたから。だって激しすぎるよ加藤チャーハン!アクションが凄かった。ロザリオスとかスカパラでは見たことけれどこんなに動き回る人だったんだ〜とついつい見ちゃってたんですよね(笑)

 あと、かっこいいんだけどキャロラインの時みたいな楽しさはちょっとないのかな?やっぱりあのキャロラインのライブの楽しさってパッチが作っているのかもしれない、とか思う。
 でも今度はもう少し小さなハコでビンビンとANONYMOUSウエノコウジのベースを聞いてみたいです。今度、フリクションと対バンあるのに行けないんだよなあ・・・・どうしてその日なの(泣)

 ANONYMOUSの後上のフロアでしばし皆としゃべる。再び見に行くと言うので自分はそこに残ることにして分かれる。ちょっと爆音がきついかな〜と思ってコーヒー飲んだり携帯いじったりしてたらあっという間に4時を過ぎてぽちぽち外に帰る人もでてきたので早いかなと思ったけれど駅に行って始発を待つことにする。

 しかしぜんぜん早くなかったよ。駅のホームはすでに人であふれていた。なんとか列の並び座る。もうちょっと遅かったら電車も座れなかったよ。シートに寝転んで眠りこけてたお兄さんが乗り込んだ人の多さにびっくりして飛び起きたのが可笑しかったです。さぞやびっくりしただろうな。


 


THE ANONYMOUS
   ウエノコウジ(Radio Caroline)
   加藤 隆志(TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA
   MotokatsuMiyagami(THE MAD CAPSULE MARKETS)