イーユン・リー「千年の祈り」

 新潮クレスト・ブックスの新刊?_作者はアメリカに住んでいる中国人の新人作家。これは短編集。アメリカでの話や、中国での話があるけれど主人公は皆中国人。
 外からではわからない中国の人達の生きている今の立場というのかそういうものを見せられた気がした。政治的なものや古い慣習。色んなものがあって自由とはいえないのかもしれない。なにか重いものに押さえつけられているという晴れやかになれないものを持ちながら身近な人間にたいしての深い思いみたいな物が伝わってくる気がした。えも皆孤独なんだけれど。

千年の祈り (新潮クレスト・ブックス)

千年の祈り (新潮クレスト・ブックス)