村松友視 「淳之介流―やわらかい約束」


 それで彼の作品だけじゃなくて彼そのものにもちょっと興味が出て買ってしまった。村松友視は文芸誌の吉行淳之介の担当者だったらしい。彼の目を通しての吉行淳之介を見させてもらった感じ。「第三の新人」の時代の空気感もちょっぴり。「第三の新人」の作家達もけっこう亡くなられてしまったんだな・・・・と思った。

 吉行淳之介はまだまだ読んでない作品がたくさんあるので楽しみだ。残念なのは書店ではなかなか著書に出会えないことだけどたぶん図書館に行けばたくさんあるんじゃないかなあと思う。

淳之介流―やわらかい約束

淳之介流―やわらかい約束