宮城まり子が選ぶ吉行淳之介短編集

 吉行淳之介を読むきっかけになったのは村上春樹が短編小説について書いた本に出てきたのがきっかけでその後、講談社文芸文庫の短編集の「悪い夏・花束」を読んでいいなあ〜と思ったのだった。そしてこの間本屋でこの本を見つけた。宮城まり子さんの前書きを読んだら買ってしまった。なんかラブレターだった。

 「驟雨」をはじめて読んだんだけどやられた。凄いなと思った。そうしてどの短編も完成度が高い。何回も何回も読み返したい。

 余談、今月号の音人の泥酔ジャーナルを読んだらここにのってる「風呂焚く男」を思い出してしまった。まあ百々さんにこんな事情はないだろうけれど(笑)

宮城まり子が選ぶ吉行淳之介短編集

宮城まり子が選ぶ吉行淳之介短編集