文藝 2007年 08月号

 それでそのまま古川日出男特集の文藝を読む。面白かった、疾走し続けてる人なんだなと思った。古川日出男について何人かがエッセイを書いてるんだけど青山ブックセンターの方が百々さんをからめて書いてて、なんかこれ古川日出男についてじゃなくて百々さんの事書きたかったのかな〜とかちょっと思っちゃいました(笑)あと関係ないんだけど身体は資本だと思った。
 古川日出男特集を読み終わってそのままガーっと文藝を全部読む。文芸誌を全部読むなんて殆どないことだけど文藝 だからと言うのもあるけれど。山崎ナオコーラの「カツラ美容室別室」これはどう感想書けばいいのかわからないけれどするすると流れていく時間。変わらないようでいて去っていく人。確実に変化するもの。
 中原昌也「フンペ・フンペ」突然入ってくる作者自身の書くことへついての気持ちにちょっと戸惑ってしまった。ほかに豊崎さんやら、柴田元幸池澤夏樹の対談など。
  

文藝 2007年 08月号 [雑誌]

文藝 2007年 08月号 [雑誌]