レイモンド・チャンドラー 村上春樹 訳 「ロング・グッドバイ」

 村上春樹のファンでありながらチャンドラーを読むのは実ははじめてだったりします。とても面白かった〜。とても分厚い本だったけどするする読んででも味わって読んだ。村上春樹もあとがきに書いてあるけれどフィッツジェラルドの「グレート・ギャッツビー」との共通点と言うのかそういう崩れていく人が描かれている。でも「ロング・グッドバイ」の最後はとても意外だったけれど。
 色々な場面、マーロウが部屋で過ごしてる情景とか、会話、そんなものをまたじっくり味わいながら読みたいな。

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ