銀色夏生 「ばらとおむつ」

つれづれが終わってしまって残念だったので飛び付いて買ってしまいましたよ。でもしげちゃんが脳梗塞で倒れたんだ…と知り、つれづれを読み始めてからの年月の経過を思い知らされたりした。
自分の父親も脳梗塞をやってて、でも凄く軽くすんで仕事に復帰してるし運転もばりばりしてるし本当に軽くすんで良かった。若くてもなったりする人もいるしね(ミスチルの人とか秀樹とかそうだった?)
銀色さんのクールな考え方に(子供や、彼氏や、犬に対する)ちょっとな…と違和感を感じることもあったけど、普通おおいかくしてしまう気持ちの部分をあからさまに書いてる所がつれづれシリーズの魅力だったんだなと、今回読んでて思いました。やっぱり日記物好きだよ。

ばらとおむつ (角川文庫)

ばらとおむつ (角川文庫)