MO’SOME TONEBENDER 革命的なヴィジョンを世界に提示するツアー@YOKKAICHI CLUB CHAOS

5時前に国分寺を出て青春18きっぷでとことこと名古屋までいった。貧乏なんで…。昨夜は国分寺に帰り着いたのが1時近かったし、お風呂は行ったりなんだかんだして殆ど眠れず、おかげで長旅もずーっと寝てたのであんまり苦じゃなかった。乗り換えだけはめんどうだったけど。この間読んだ川上弘美さんの「真鶴」だけはちょうど通るのでどんな所か見たくて窓からみつめた。雨が凄くてなにか独特な空気があるような…一度そのホームに降り立ってみたい。
名古屋に近づくにつれて雨もやみ太陽も顔をのぞかせるように。だけど風が強くて、徐行運転したおかげで予定より遅れて名古屋到着。ロッカーさがすも全然あいてなくてあせった。ちょうど荷物出す人がいたのですかさずゲット。ロッカー難民がうろうろしてました。そこから近鉄に乗って四日市へ。四日市、激寒でした。ひぃ〜ってくらい風か強くて。
日曜日のおじさんの溜り場のような喫茶店で時間をつぶす。そ、そういえば、パレットに行くの忘れてたよ〜。

開演前、ステージタケイさんの脇にサックス、拡声器、トランペットが並んでてワクワクしちゃったよ。で、直前にスタッフの方が拡声器を持っていってしまう。
音楽はなしで会場にウーウーと響き渡るサイレンの音。その中を拡声器片手にタケイさん登場(笑)ちょっと何いってるかはわからなかったですが。百々さんは黒シャツ、そしてジーンズ。ジーンズ!(嬉)イサムさん、百々さんでかくれてあまり見えなかった、たぶん黒シャツ?
なんかねー、興奮してたからかなんかあんまり覚えてないんですよ〜逆光の中の百々さんの顔とかが残像で残ってるくらいで。
前半、激しめの曲でぐんぐん攻めてきて、3ヵ月ぶりのモーサムの生音!ってだけで嬉しくて嬉しすぎてわけわからんくなってた気がする。絶対、手をあげたくない「ビートルバーナー」のオ〜ライ♪の所で不覚にも手をあげちゃったじゃないかあ〜。音がもう爆音でギターの音が歪みそうにバリバリだった。後、色んな曲のアレンジが変わってた。JACK 〜のはじまりの所ではまたキュンとさせられちゃったしHigHがなんかめちゃくちゃ早かったような…もう〜ぐいぐいぐいぐい押されるような感じ。
ほとんど休みなくぶっ通しで突っ走る。MCは「ツアーはケイオスからはじめたかった」みたいのと「新しいアルバム聞いた?聞いてないとついてこれない」みたいなの。タケイさんは「ツアー初日なんで色々あるけどまあ大目に見て」みたいなのがあったような…。たしかに初日だから馴染んでない感は多々ありました。百々さんのギターのチューニングがちょこっと気になったり。でもまたそのぎこちなさがまた良かったり、これからどうなっていくのかなと期待したり。
STOP THE MUSICはちょっと圧巻だった。ライブ映えしますね、この曲。ストップ!って叫んで音がパタっとやめば完璧なんだけど。
あとはやっぱり奇跡の歌〜GREEN & GOLDはどうする事も出来ないような気持ちになってしまって、感情は高まっていくのに体の力はスーッと曲にとけていってしまうような…。GREEN & GOLD、前にも書いたけどどうして何回聞いてもこういう気持ちにさせられてしまうのか不思議。そしてこの時にイサムさんの叩きようがちらりと見えてまた感極まってしまう。
その後にhang songを持ってきたのがちょっと意外だった。これは続けてSUMMER SKA?を持ってくるのかな?と思ったら持ってこなかった。SUMMER SKA?どこに持ってくるかなと思ってワクワクしてたんだけど今日はやりませんでした。
We are で飛び跳ねたり、フーフー言ってたり今日の自分のはしゃぎっぷりったら…。
本編最後はecho。そうきたかあ〜とじんわりしてたら百々さん歌詞が怪しかったり、チューニングが?だったり、ちょっとハラハラしてしまいました(汗)echoって曲はなかなかに難しい曲だなあと思った。
アンコールはDUM DUM PARTYと凡人のロックンロール。友達とお茶してるときに「久々にレイクサイドとかレッドギターとか聞きたいね」って言ってて、「まさかダムダムはやらないよね。いや、でもやるかも、あれやんなきゃ本人達のテンションあがらないとか。凡人もやったりして。」と話してたのでダムダムやった時は顔みあわせてしまいました(笑)で、次に凡人がきたときには可笑しくて大笑いしつつのるという…(失礼ですよね〜)よくライブ前にこれ聞きたいなあ〜と話してたらライブでやってくれると言う偶然があるんだけど今日はこちらの方の偶然でした。
ダムダムは途中のアレンジが変わっててタケイさん、トランペットかサックス吹いてたかな…ここでまたそのままSUMMER SKA?にいくかと思ったらいかなかったんですけど(笑)
今日のライブ、百々さんが後半進むにつれてどんどん熱くなっていくのがわかった。ジャンプしてたり、手を上げたりしてた。
帰りの電車の中で友達が「はじまったね〜でも始まっちゃうと早いんだよなあ…」と言った言葉にしみじみする。

セットリスト。帰りの近鉄線で友達の記憶をたよりに。

Tiger
ボルケーノラブ
ダミアン
ロッキンルーラ
ビートルバーナー
慈・善・事・業
You are Rock’ n Roll
JACK THE TRIPPER
秘密にしようよ
ペチカ
マカロニ
HigH
Have you ever seen the stars?
STOP THE MUSIC
奇跡の歌
GREEN & GOLD
hang song
We are Lucky friends
echo

アンコール
DUM DUM PARTY
凡人のロックンロール

新作中、オバケ・SUMMER SKA?・ロジョーはやらなかったです。