小川洋子「物語の役割」14冊目

小川さんの講演会などの内容を1冊にまとめたもの。ちくまプリマー新書なのでスラスラ読めます。
スラスラ読めるんだけど深いなと思う事柄が色々ちりばめられてて素敵でした。小川さんが読んできた物語についてや、物語が作られていく過程だとか。ちょっと種明かしのような部分もあってそこはちょっとどぎまぎした。小川さんの短編で大好きな「リンデンバウム通りの双子」という話があってその種明かしも書かれています。
 謙虚な語り口でありながら力強い。物語を読んでいく事のよりどころのような言葉がたくさんあった。

物語の役割 (ちくまプリマー新書)

物語の役割 (ちくまプリマー新書)