明け方にまた夢を見る。荻窪(と思われる)に住んでいて、今より10歳くらい若い自分。2年くらい前に職場を辞めたKさんと全然知らない女の人と三人で住んでいる。
仕事帰りに古書店をうろつく。のだめが全巻そろってて買おうかどうしようか迷ってる。でもカバーがはずされてて古びた表紙。
買ったかどうかは定かじゃなくて突然家の場面。アパートみたいな団地みたいな所に住んでて台所で知らない女の人と夕ご飯を作ってる。台所からベランダに出れる窓があって暮れ始めの空が見えるんだけど、その空に突然黒い雲がだーっと広がってきて、その色や感じが物凄く頭の中に残ってて…。
そしていきなり凄まじい音で雷が鳴った。
ひえ〜落ちた!と職場をやめた元同僚となぜか配電盤(職場にある配電盤だった)を見にいったら煙が出てたという…。ああ…これはまたパソコンやられちゃったなと思った時目が覚めた
なんか空の色とか雷の音とかあまりにリアルだった…起きてぼーっとしてしまった。