Buffalo Daughter Presents “Euphoriu Vol.1”@代官山UNIT

青い部屋まで御一緒した山本さん仲間(?)と別れてUNHTへ。Buffalo Daughter主催のオールナイトイベント。遅れていくのでロッカーが空いてるか心配だったけどちゃんと入り口にクロークがあり助かった。コートを脱いで身軽になってGO!Buffalo Daughter+カブサッキさんがでるのは 11時過ぎと聞いていたのであせりぎみにぐるぐる階段を下る。
ステージのあるフロアに着くと人であふれかえってて身動きがとれない、そしてどうやらライブもはじまってるっぽい。後方にいたらまったく何も見えないしあまりの混みように我慢できず「すみません、すみません」と言いながら前へ。案の定前方の方がちょっと余裕があり端だけど柵にもたれかかって見る。長丁場だからね。
Buffalo Daughter ゲスト フェルナンド・カブサッキ
辿り着いた時はすでに始まっていた。端っこのスピーカー前にいたので大野さんとドラムの方がまっまく見えなかったが、シュガーさんはばっちり見えた。なんか凄い可愛い赤のサロペットみたいの着てたなあ。で、着いてすぐぐらいにゲストを〜ってなりカブサッキに間に合いました。カブサッキ、赤い長Tがシュガーさんの赤とあわせたような感じで可愛らしかった。演奏は弾けた感じの音になってた気がする。手元でゴニュゴニュ言う機械(名前がわかりません)も操ってて楽しそうだった。

★ノアルイズ・マーロン・タイツ
これまたステージが半分見えなかったんで全貌が把握できてないです。前にアコーディオンと管楽器(?)の女の人がいた。そしてスピーカーでかくれてる前にノコギリみたいな楽器(またも名前がわかりません)を操る男の人がいた模様。曲はちょっと郷愁をそそられるような感じ。だけどその心地よさにやっぱり睡魔に襲われる。気が付くと意識が飛んじゃってたり(汗)
にせんねんもんだい
セッティングまでの間にDJタイムがあるわけですがやはりDJブースが遠くてまったく様子がわからない。中央にいこうかどうしようか迷うがもう少し柵にもたれてゆっくり見る事にする。そのDJタイムな時にステージにピンクのきらびやかな衣裳をまとったお姉さんがあらわれ音楽にあわせてやたら腰を振るダンスを披露。なんかよく見ると年季はいてる感じ?(汗)そして途中で上着を脱いだら脇の下が処理されてなくて ? なんだか不思議ワールドだった。
そのインパクトが強かったのか、にせんねんもんだいが始まって一曲目、わ〜かっこいいなあ!と思ったのにまたまた睡魔に襲われちゃったんですよ。夢の中で聞いてました。うーん、もったいない。

コーネリアス
にせんねんもんだいが終わった時点でわさわさと人が前方に集まって来てやっぱり移動する気になれず。人が集まってきたのはやっぱりコーネリアスが次だったから。後ろのお姉さんがやばいやばいと始まる前からやたら興奮しまくっててちょっとうるさかったです。
はじめて小山田君見たので、お〜本物だ!と思った。あと久々荒木さんのドラムが聞けて嬉しかったな。最近は全然アルバムとか買わなくなってしまったんだけどやっぱり色々面白かった。スクリーンも見れたら良かったど…。途中で歌詞忘れて苦笑いが可愛かったです。

★MATALCHICKS
コーネリアスが終わったらちょっと人が退けたので中央よりにいってみる。そうしたら前にいたお兄さんがすーっと抜けたので最前でMATALCHICKSを楽しむ事に。久しぶりに見るよっちゃん、シュガーさんのかっこいいギターに見惚れる。そして踊りまくる。「メタルは好きか〜!」のシュガーさんの言葉にメタルあんまりよくわからないけど「イエ〜!」っと拳をあげる。なんかよっちゃんとシュガーさんのしゃべりがちょっぴり漫才チックで好きなんだよなあ〜。

Buffalo Daughterコーネリアス
さてさてラストです。ちょっとおしてたみたいで始まる時点で5時過ぎてた。ズボンズ仲間の方とも無事に会えて良かった。
そして!なんとなんと!ドラムにアツシ(元ZAZEN)がいたので凄く嬉しかったです。やっぱりZAZENの曲でのドラムとは違うじゃないですか、だから嬉しかったな〜。
アツシにかわって今のドラムの人、そしてコーネリアスが登場。し、しかし、またもやこの辺から私に睡魔が襲い掛かり…、最前で、しかもコーネリアスなのに…時々意識がなくなると言う…一回膝がカクンとなったし(汗)どうしようもないけど本当にもったいない、意識がはっきりした状態で楽しみたかったです。終わり、スーッとステージを去ったのでアンコールあるかなと思ったけどなかった…やっぱり時間だいぶんおしてたからかな?
外は寒かった〜はたして何時間寝れるかな、と思いながら国分寺に移動。