アン○ールズ@高崎商科大学学園祭

高崎に奴らが来るというので行ってきましたよ。また車で峠を下る。気付いたらすっかり山は紅葉してるんですね、ちょっとうっとりした。ドライブ日和り。

何を計算間違いしたか2時間もはやく待ち合わせ場所の高崎駅の駐車場に着いちゃった。また本屋で時間をつぶす。今日はフリクションがのってるDIGと言う雑誌をGET。

友達の車に乗って大学へ。郊外にあって物凄くのどかなムード。学生も高校生のような素朴さだった。お天気がよくて暑いくらいだった。カレーと広島焼きを食べる。その後展示してあった「富岡製糸工場を世界遺産に」と言うコーナーでおじさんの話を聞く。なかなか興味深かった。

そろそろ体育館にいってみるかと行ったらもうすでき100人以上並んでてびっくり。開場が近づくにつれてどんどん人が増えて最終的には体育館ほぼ満杯だったんじゃないかな。あらゆる年代の人がいた。前方は親子席なので子供がずらっと並んでる模様。
最初は斜め45゜。知らないグループかと思ったら「鉄道ネタ」で見たことを思い出す。会場の空気を和ませて次のアン○ールズにバトンを渡す。

 二人が出てきたとたん物凄い歓声だった。しばらくおさまらないくらい。そしてあちこちでキモい〜と言う声。山根の挨拶が面白かった。お笑いライブなのに芸能人ライブって書いてある、とか会長の名前がオマールって言うのが気になるとか・・・・。コントは「ファッションモデル」久々に見てやっぱり面白いな〜と思う。あとショートコントで「犬のしつけ」をやってくれたので大満足です。タナちゃんやる気満々、ご機嫌な感じでよかった。クイズコーナーやら高崎の話やらだるまの話や色々あって結構長くやったので満足。(ぱっとやってぱっと帰るかと思った)

 最後、トリがスピードワゴン。小沢さんのあのフリーな感じは親子席の子供には果たしてわかったのだろうか?じらしてじらして最後にあま〜い!をやっていた。

 最後に出場者全員出てきて抽選して5名にサイン入りの色紙をあげていた。なんだかいい感じに終わった。色んな年代の人たちとのんびり楽しんだ、そんなお笑いライブだった。


 友達にまた高崎まで送ってもらって車で今度は山を登って帰る。
 
 時間が早かったのでスーパーで買い物をして帰る。ダーリンはもう適当に夕飯食べたそうなので、一人サッポロ一番塩ラーメンを食べる。白菜と小松菜、もやしをたっぷり入れて。大河ドラマ見て、その後お待ちかねライジングサンの放送。ズボンズやキャロラインのライブを楽しむ。真夜中のセッション、最初、女の人ボーカルの部分しか流れなくて、え〜〜?と思ったけど後でピンクの人の所もながしてくれたので良かった。でももっと長くながして欲しかったなあ。ああいうフェスでとった映像、使われるのはほんの少しで物凄くもったいない。