久土'N'茶谷@下北沢ベースメントバー

出演は
多摩川心中
shing
The Sun calls Stars
niumun
久土'N'茶谷

葬儀が終わってまた新幹線に乗って東京へ。ベースメントに着いたのは8時くらいだった。この前出順は最後と聞いて、え〜っと思ったけど最後で良かったです。入ったときは2バンド目の途中でもし出順最初だったら見れなかったもの。
今日はniumunのレコ発ライブだそうで、そう言えば友達のDちゃんがniumun好きだった。私は見たことあったんだっけ?ドラムの人はたしか尚ちゃんのバンドで見たはず。
会場でk嬢達とも合流してしっかりライブを見れたのは3バンド目から。The Sun calls Starsクラムボンの伊藤さんと曽我部バンドのオータコージのツインドラムからなるバンド。他にパーカッションの女の人とあと自分のところからは見えなかったんだけど鍵盤?の人がいた。全編アドリブのセッションだったのかな?それ故、ちょっとしたぎこちなさみたいなのもちょこっと感じたりしてどんどん交じりあっていって熱くなる前に終わってしまった感が。後ろで携帯の明かり付けて手を振ってる人がいたんですよね。持ち時間の合図?
次はniumun。ドラムとギターのユニット。ポストロックなのかな?えっと、どう呼べばいいかわからないですが、シャープなドラムとギターの音が心地よい。ちょうどお酒もまわってきていい感じで聞いていた。ちょっと途中でドラムの器材がトラブって残念だった。
そしてお待ちかねの久土'N'茶谷 、レコ発のniumunを見にきた人が多かったからかお客さんが減ったのが残念。まあ、もう、この時点で10時もまわっていたと思われ…。
しばしギターの音をループさせたりした後に「あっぱれあっぱれ」
はじまった!久土'N'茶谷の世界!
昭和の空っ風を感じさせる世界。バンカラロックと勝手によばせてください(汗)今日はボーカルも久土さんで、広がる久土ワールド。茶谷さんのドラムがまたその粋な感じを加速させる。ん〜気持ちよい。
キャプテンビープハートのSuction Prints。付け忘れてた付け髭をあわててつける久土さん。茶谷さん、今日は持ってくるの忘れちゃったそうでシルクハット姿が見れなくて残念。気持ち良くカツカツリズムを刻んでいく。二人のオタケビもユーモラスで楽しい。
久土さんは時折髪をふりみだしてザンバラにさせながら、いつま不思議に思うんだけどあの結わえてるゴムはどうなってるの?頭にとどまってるの?茶谷さんはだんだん激しさを増すにつれて腰が浮いてきて、最後の最後に自分で吹っ飛んでいた(笑)
アンコールはやる曲が…なんて言いながらもなんと「まさおの夢」!ちょっぴりしみじみとしました。
ライブの後、飲んでいたかったけど、明日はどうしても朝一番の新幹線で帰って一日仕事しなくちゃならない。後ろ髪引かれながらも国分寺に帰ったのでした。

1.イントロ〜あっぱれあっぱれ
2.バージンブルース
3.なまけもの〜バリウム・ピルス
4.Suction Prints
5.バケの皮〜ジャングルブギ
6.諦念プシガンガ
アンコール
まさおの夢