M.J.Q(遠藤ミチロウ+クハラカズユキ+山本久土)@吉祥寺 プラネットK 『ぬるいのは嫌いダッ!』〜M.J.Q 1st.アルバム発売記念ライブ


 2時まで仕事した後、先日買ったM.J.Q 1st.アルバムを聞きながら東京へ。今日も車で日帰りにしようかと思ったけど時間気にしないでじっくり見たいなと思ったので国分寺泊まりにする。泊まりにして良かったよ、終わったら11時前だった。

 対バンについては割愛させて下さい〜。前かわって良かった・・・・ひどい事になる所だった(汗)若者達がダイブにモッシュに凄かったです。
 そしてトリのM.J.Q前になったらガラッと前方の客層が変わったので笑えた・・・私でもちょっと浮かない感じ。今日はまたK嬢がチケットを買いにいってくれたおかげでばっちり見晴らしのいい場所でライブを楽しめました。遅れてきたc嬢も一緒に3人で見た。
 
 もうねえ・・・・なんと言いましょうか・・・・ただただ圧倒されました。いつも本当にM.J.Qを見ると荒野の中に風が吹きすさんでる風景が浮かぶ。その中の久土さんはやっぱり侍姿(笑)
 やっぱりレコ発ライブだからか3人とも物凄い気合が入ってるように見受けられた。はやばやキュウちゃんのスネアがやばいことになりお客さんで持ってる人いないかと問いかけてたけど対バンさんのを借りて続ける事に。そして久土さんのギターの弦も切れてがっと引きちぎってた!!!! そんなトラブルもミチロウさんは穏やかに見守ってる感じ。

 アコギとドラムとミチロウさんの歌だけで、もうそれだけなんですけど凄い迫力なんです。完璧にやられます!!!
そういえば久土さんが参加しだした頃の久土さんの様子を伺って気を使ってギター弾いてたのが懐かしい。今の久土さんときたらもう自由自在にその音を響かせててがっちりとM.J.Qの世界を作り出している。

 だんだんと世界に引き込まれていってステージ見ないで頭グワングワン振ったりなんかしておりました。今までの中で一番引き込まれたかも。
 初めてミチロウさんを見たときの衝撃、そして拒否感、それが今こうしてその世界に引き込まれている自分。多分M.J.Qがなかったらこうやってミチロウさんの世界に触れることもなかったのかもしれない。結構、今日は言葉がダイレクトに入ってきてそれも大きかったかもしれない。音泉ファック!ってなんだかもう凄いね、ちょっと想像したら凄かった(汗)
 負け犬で久土のギターの弦がまた切れて、凄く悔しかったみたいでギターを投げ捨てたりしてた。なんか凄まじい気合、怖い程。

 本編最後の先天性労働者とかもうおかしくなってたな自分。ああ・・・・おかしくなってると自覚しながらおかしいままでいた。もう・・・・なんだかしれない衝動がこみ上げてきてなんか叫びながらごろごろ転がりたい気分だった。なんだ、自分。

 アンコール、ミチロウさんがこの曲はギター弾いて歌えないからと言ってStop Girl。激しく揺れた後の天国の扉がまた凄かった。こんなに感情込めて歌いこむミチロウさん。もう、本当に初めてこの曲を聴いたときに歌詞が怖くて怖くて、なんか隠してる部分を曝されたような感じがしてああ、嫌だと思ったんだった。今日はもうじーっと突っ立って聞いていた。そしてこの曲のキュウちゃんがまた凄かったです。なんかもう圧倒されっぱなし。
 こうやってキュウちゃんのドラムを堪能できるのもM.J.Qの魅力だなあと思うのです。キュウちゃん忙しいとは思いますがM.J.Qのライブもぜひたくさんやって下さいな。

 ずっしりと3人の男達の造る世界に魅了された夜でした。c嬢が良かった!と感じてる雰囲気が伝わってきてそれが嬉しかったです。


帰りに久土さんからセットリストいただいたので書いておきます。なんかライブが凄く良くて本当に今日の記念にと言って皆でコピーしちゃいました。

1. 虫
2. オデッセイ
3. 自滅
4. Sha-La-La
5. 下水道のペテン師
6. マイザー
7. 溺愛
8. オレンジTIME
9. 負け犬
10. 午前0時
11 音泉ファック!
12. 限りある限り
13. 先天性労働
アンコール
・ Stop Girl
・ 天国の扉