角田光代「愛がなんだ」

 「ピンクバス」のような不思議な感覚はなくて現実感伴う恋愛話。屈折して行っても彼を見続けていたい。その気持はわからなくもないけれど自分は多分ナカハラ君になるだろうなあ・・・・振り向いてもらえないしんどさに耐えられないと思う。
 それにしても・・・・マモちゃんなる男はまったく魅力がないんだけど・・・・。
 でも角田さんてやっぱりうまい。こういう心境に陥っていくのがわかる。

愛がなんだ (角川文庫)

愛がなんだ (角川文庫)