ズボンズ@シャングリラ

 そんな訳で本日はズボンズのフリーライブにズボンズ友達のMちゃんと大阪にいってまいりました。シャングリラの場所が今ひとつわからず迷い気味。大阪駅とハコ、直線距離だと近いはずなのに巨大なJRの敷地が横たわっててぐるりと延々遠回りしました。OL時代の職場がある福島の駅の方がもしや近いんじゃないかと思うくらいだった。
 開場まで30分くらいあるのでちょっと腹ごしらえしようとハコの上にあるカフェにて食事。カレー食べました。ひき肉や豆が入っててスパイシー、おしゃれな感じの居心地のいいカフェでした。開場時間ちょこっと過ぎていったら結構お客さん入ってた。そこで大阪のズボンズファンのTさんなんかとちょこっとお話。新しくてきれいで、どこからもステージが見やすいいいハコでした。

 オープニングアクトはブキーパンツと言うバンドでした。ボーカルの人がなんとブリーフ一丁、ギターの人が浴衣姿に天狗のお面といういでたちで、何?!キワモノバンド?と前に来たことを後悔。
 しかし意外や意外、演奏がはじまると想像してた音楽とは全然違ってあれ?って思った。ちょっとエモっぽいきれいな音を奏でてられました。何ゆえあの格好が必要なんだろう?とかえって疑問に思うくらい。途中ギターの人が傘(日本舞踊で使うような)さして舞ってました。 しかしボーカルの人しゃべるとちょい変わってたなあ・・・・・。

 ブキーパンツが終わってセットチェンジ。ズボンズのライブがスタート。最初ブキーパンツの時はMちゃんとど真ん中で見てたんだけど私は夜行バスで帰らなきゃならず、どう考えても最後までいられないことが判明したので抜けて端で見ることに。
 ズボンズのライブが始まる頃はフロア全体がほぼ満員に、お客さんの感じもなかなかいい感じ。
 ステージに登場したメンバー、DONとマッタちゃんだけマフラー巻いている。DONがギターをかき鳴らすんだけどそのマフラーちょっと邪魔なんじゃ・・・・と思った。そして
????
 なんかDONの頬が心なしか膨らんでいるような・・・・・日記にミフネ君がおたふくにかかったって言うのは読んだ気がしてたけどまさかうつったんじゃなかろうか・・・?

 27日のShangri-Laでのライブでソロ・アルバムからの曲”ドーナッツ&コーヒー”をズボンズでやってみた。それはズボンズそのママだった。ズボンズの胃袋はデカいな。

 つづく