リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

 
 天邪鬼なもので世間で売れてるものとかそれだけであんまり読む気がしなくなるのでこの本も多分読まないで通り過ぎる運命だったはず。読むきっかけはまあ、百々さんなんだけど(詳しくは「音楽と人」を)けっこうスイスイと数日で読了。帯にモデルやら福山やら書店員やらのコメントがガンガン書いてあって物凄い絶賛で(まああたりまえか)泣けて泣けて仕方がないみたいな事書いてあったので、いったい自分が読んだらどんな感情に襲われるのかと思いながら読んだ。
 えっと・・・・そんな泣かなかったです。まあ・・・・最後の方うるっとは少しきたけど・・・・。前半はリリーさんの生い立ち話を聞かされるという感じで特にそんなになんとも思わずに読んでた。後半はやっぱり・・・・今年、自分の近い人がに亡くなった事もあって死というもののどうすることも出来ない、抗えないものに対する気持を重ねて読んでしまった。でも自分自身の両親は健在だから本当の意味でのこの気持は理解できないかもしれない。その日のが来ることなんかを考えるのなんて本当に恐ろしくて出来ない。
 小説として感動したかと言わればちょっとそうではなかった作品だった。でもリリーさん親子に同化して読むのは楽しかったし、自分の母親のことをやっぱり考えながら読んでしまった。一緒に住んでた頃、毎晩毎晩絶対夜中に布団をかけなおしに来てくれた母親、今も泊まりに行くと夜中に布団かけなおしに来てくれます。自分にはできないなあ。
 あと男の人はやっぱり母親が本当に好きなんだな〜と思った。ちょっと娘と母の関係とは違うものがあるよなあ〜とあらためて思った。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~