3日目、空の感じは前2日とは違う感じ、今日は大丈夫かも?と思う。しかし昨夜の雷雨で地面はぐちょぐちょ必至なので長靴で出かける。途中で帽子を宿に忘れてきた事に気付く。これが大失敗。

 ホワイトで友達と待ち合わせ。途中グリーンのナックを2曲程ボーッと見る。もっとおじさんになってるかと思ったけどそうでもなく、なかなかいけてるじゃん!と思った。実は…ナックはレコード持ってるんですよね(汗)

ホワイトのハイネケン前で友達と待ち合わせ。あふりらんぼを最初から見る。クアトロのモーサム企画で見た時はまわりが騒ぐほどピンと来なくて、ふ〜んて感じだったんだけど、いやーかっこよかったです!なんか音が一回り厚みがましてた。それに野外の大きな会場も物ともしない感じがよかった。きっとグリーンでやっても物怖じしないと思います。ボーカルの彼女は日焼けしてました(笑)ぎらぎらの朝一のホワイトにふたりの赤の衣裳がばっちりあってたな〜。3日目のホワイト、トップバッターってキワモノ?去年はあぶらだこだったし(笑)去年も楽しかったけど今年も楽しかったです。なんか彼女達みてると野性の生命力を感じる。笑顔がキュートなあふりらんぼ(by百々和宏)やってくれるな〜。

あふりが終わったら坂を登ってアバロンへ。ここでのんびり座って佐野史郎を見ようという予定。ちょっと坂の中央あたりに腰をおろしたのはよかったんだけど、これがあまりに太陽ぎらぎらの為に拷問のようだった。ジーンズと長靴が太陽の光を吸収して溶けそう…風も時よりしか吹かず、そして!私は帽子を忘れたのだった…タオルを頭から被ってたけど焼けました鼻と頬が…佐野史郎焼けです。去年もここで近藤君焼けをしたのを思い出したけど後の祭りだった。のんびりまったりしようと思ってたのになんか意識朦朧状態でぼーっとしてしまった。なんかそのぼーっとした中で佐野史郎の歌と顔がグルグル回る感じ。ああ、でも見れて良かったかな。わりと佐野史郎好きだし、初めてフジロック行ったとき初めて見た芸能人だし(笑)

アバロン終わった後は帽子を買いにヘブンのショップを散策。おーい!4500円て…。なんかちょっとがっかり。あとTシャツ売場も覗く。ROVOTは一種類しかもMとLしかないので断念。ロザリオスTが紫で可愛かったので買っちゃいました。しかし4000円はちと痛かった…。なんでここで私は8500円も使ってるんだろう?とちょっと茫然となった、この物入りの夏に…。そこでゴーヤ使ったご飯を食べて再びホワイトへ。

 ホワイトで大阪のモーファン男子に遭遇。おー!会えたね!って事でこんないっぱい人いるの不思議だな〜と思った。そういえば今回のフジはタケイさんに何回も出会ってしまう(笑)昨夜はダイナソーロザリオスと行動が同じ?
ソウルフラワー太陽の下で陽気に見れるかな〜と思ったけど、なぜかピュアで前向きな感じが今日はダメだった。なんでですかね?やっぱりダークでざくざくしたものが聞きたい。友達もそうだったので2曲聞いて失礼して、プラプラとオアシスに移動〜。

 並んで念願の豚串を買う。やっぱりフジに来たら一回は食べたいな〜と思って。で、ワールドレストランによって椅子に座ってレッド屋グリーンから流れて来る音を聞きながら話してました。レッドから流れてきたAqualungが凄くいい感じで気持ち良かった。どんなバンドなのか家に帰ったらしらべてみょうっと。

 くるりで、の前半をそこでぼんやり聞き、後半の懐かしい数曲をグリーンに移動して見る。やっぱり岸やんの眼鏡なし顔は違和感あるし、達身さんのスライドギターが入った東京には馴染めない。ライブとか行ってた頃が懐かしいな…なんか全然違う道に別れちゃったな…。

 くるりのお客さんが退けた所でシートを敷きビーチボーイズ準備。なんと!グリーンでじっくり見るのは今回初めて、なんか信じられないな〜。天候が悪いせいもあるけど何でだろ?去年は寝そべりながらいろんな物が聞けて気持ちよかった。グリーンの良さってシートしいてのんびりも見られるって所だからあんまりシートまで規制しないでほしいなと言うのが本音。
ビーチボーイズは凄く気持ち良く、楽しかった。突っ込みどころも満載で(笑)ビーチボーイズじゃなくビーチオールドボーイズなんだけど見てて可愛かった。いったい誰がオリジナルのメンバーで、ブライアンウイルソンはいないのか?とか訳わからん状態でしたけどそんなことはまあどうでも良い!次々流れる美しくて懐かしい曲達にうっとり、全部知ってる曲だった。春樹んのおかげで昔聴きまくってたのでもう、その頃の空気感がよみがえりまくり。

 友達といったん別れていったん場外へ。その時間チケットの先行取があったので電話がかかりそうな場所へ。無事抑えることができてまた会場へ。長田さんおギターが聞きたかったのでオレンジへ移動。途中ボードウォークを移動。なんか去年みたいな綺麗な星の飾りつけとかがなくなっててちょっと寂しい。その頃から雨がぽつぽつし始める。ああ・・・・やっぱり今日も雨なしではすまないのか・・・・。
 オレンジについてStrange Love Psychedelicoを見る。けっこう前の方で見てたんだけどどんどん雨が激しくなってきてやばかったので合羽を上下着込むために後ろのショップに移動〜。着込んだ後はなぜかタイラーメンを食べてしまう、激雨の中(笑)
器の中に雨がはいりまくり、でも温かいものが食べれておいしかった。タイラーメン食べ終わってまた前方へ移動(笑)ちょこっと不満だったのは長田さんのギターをもっともっとたっぷり聞きたかったことだった。まあ、ギターリスト2人だから仕方ないけどスライドギターは師匠に任せんかい!とかおもってしまう。あと、Strange Love PsychedelicoなのにLove Psychedelicoの曲しかやらんし・・・・・。でも会場全体はいい雰囲気でした、お客さんがおだやかって言うのか・・・・・終盤は雨もあがってきたし。

 偶然も友達に再会できたので(彼女も雨の中タイラーメン食べたらしい)ヘブンで揺らめくローソク見ながらチャイを飲み、そのあとホワイトへ移動〜。

 今年のフジの締めくくりはSigur Rosです。徐々にステージがセッテングされて最後にさーっと白いカーテンが引かれた。そのカーテンに後ろからライトがあたって物凄く幻想的な雰囲気がかもし出されてた。美しさと静けさと深さと激しさ、もうその世界に身体を酔わせるだけ。Svefn-G-Englarを聴いてる時は本当に至福の時間だった。すーっと上を見上げると雲の切れ間に星がいっぱい瞬いていてそれもなんかぐっときて身体が震えた。なんかね・・・・嬉しくて珍しくビールを買ってしまい、そのきりりと冷えたビールを飲みながら満喫。今日日帰りの友達と別れたあとぐんぐんとまえの方まで行ってみる。後ろでは全然わからなかったステージ全体がはっきり見えた。いったいあの音と、あの声はどこから舞ってくるんでしょうね。その辺で酔いが一気におしよせてきて、身体が気持ちよくて揺れてるのか酔ってて揺れてるのか、まわりから見たら危険だったかもな〜。あんまりフラフラしてきたのでちょっとやばいかなと思い横の柵まで移動して柵に寄りかかりながら後半を楽しむ。もういつまでもいつまでもこの空気の中に浸ってたい感じでした。
 アンコールはなかったけど全員でステージに戻ってきてお辞儀する姿もなんか良かった。そしてああ・・・・終ったな、今年のフジ、と思って寂しさも最高潮になってしまった。

 プライマルを見ながらオアシスにいき別の友達と合流。のんびりご飯をたべてソフトクリーム食べて、モノラルを見るも自分は半分寝てるような感じであんまり覚えてないかも。モノラルが終って宿へ帰ったらもう3時だった。