灰野敬二with山本精一@難波ベアーズ

昨日よりは暑さが少しはましな気がしたけど開場が少々遅れて階段に並んでる間とにかく息苦しくてたまらなかった〜。開場して入ると皆座っている、難波ベアーズではこうやって地面に座ってライブを見るのが普通なのかな?前回、和田ロッカーズを見にきたときは山本さん自ら今日は混んでるので立って見てくださいと言ってたな… 。えーこの体育座りが思ったよりきつかったです。おしりと足が痛かった…。よく見えるようにとブーツはいてたので思うように足首曲げられなかったし(汗)もしかしたら後ろで立って見た方が見晴らしよく見れたかも。モニターで精一さんの手元があまり見えなかったしね。
灰野さんの事あまりよく知らないので(MOSTの対バンでレックさんとのバンドを見て以来。これが半端なくかっこよかったです。かなり衝撃受けた)ライブをレポするなんて出来ないので見て思った事だけ簡単に。ステージ上、真ん中に多分灰野さん、左には山本さんのと思われるギター、右には色々器材ののったテーブル、後ろにドラム、もしやバンド形態?と思ったけど出てきたのは灰野さんと山本さんふたりだけ。ふたりとも椅子に腰をかけてのライブです。この見た目にまったく違うふたりが並んでいる事がなんだか不思議に見える。そしてふたりの絡み合ったギターがなんか気持ち良かった〜。想像してたのは爆音ギターのノイジーな合戦だったんだけどそうじゃなくてきれいな音が響きあったりして、ちょっと意外だった。あ、もちろんきれいな音だけじゃなく、切り刻むような激しい音の応酬ももちろをあり。そこに短い言葉のボーカルがたまに入る感じ。一曲が長くて、けっこう見る私も緊張してたけど、とにかくその二人の出す音をひと音残らず聞きたいって要求が崩れる
事はなかったです。おもむろにギターを置いてステージを後にする二人。すぐに山本さんが戻ってきて「一部終了です」とアナウンス。
しばし休憩にの後第2部スタート。休憩の時スタッフの人がアンプを新に追加したりしたので今度は誰か人が増えてバンド形式になるのかと思ったらあらわれたのはやっぱり二人だった。山本さんのギターが大きいアンプにつなぎ変えただけ(笑)第2部は灰野さんのボーカル部分がより多い曲でスタート。だけど一部より攻撃的だった。山本さんのマイクスタンドは使われないの?と思ったら次は山本さんボーカルな曲!灰野さんは机のところに移動していろんなノイズをならしたり、小さな縦笛を吹いたりしてた。このへんから山本さんががーっと激しくなってきてかっこよかった。
そして次の曲、な、なんと山本さん後ろに移動してドラムを!ここで灰野さんの器材にトラブルがあったのかガシガシ足元の器材とか叩いてました。で、音が出たと思ったら譜面台の歌詞を書いた紙をばさばさ落としてしまう灰野さん。そのあせりぶりにまた興奮させられた。山本さんのドラムはやっぱりなんだかギターに似ていた。いきなりバサっと切り付ける感じとか…あと何回も叫んでました。
アンコールは一曲。なんか嬉しそうに出てきた山本さんが印象に残ってる。そして今度は灰野さんがドラムの曲でした。開演も押したし、途中で休憩もはさんだし、長いって事はないと思うんだけどとても長時間だった印象が。なんか盛り沢山、たっぷり聞かせてもらえて本当に満足。また違う面の山本清一が見れたな〜。またいつか、この二人のセッションを聞きたいです。