読書家

百々さんて読書家だったんだと思った。昨日はリラックスの他にスタジオヴォイスとダ・ビィンチ買ったんだけど ダ・ビィンチにインタビューが載ってました。なんかやっぱり読み物が男の人だなーと思った。全然クロスせん。これを機会に世界を広げてもいいかなと思うけどどうかな…。
で、読み始めた「ミヤザワケンジグレイティストヒッツ」やっぱりあわせて読んでる原作の方にひかれてしまうんだけど。ポラーノ広場も変な世界だった…。言葉によって頭の中に現実ではありえない風景がひろがっていく。最後のコミュニィティ作る所が思想が入っててちょっと苦手だったけど。