ミヤザワケンジワールド

その百々氏が読んだと言うので読まず嫌いの高橋源一郎の「ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ」を読むことに。ただ読むのもつまらないので宮沢憲治の原作もあわせて読むことにした。まず憲治の原作を読んでグレーテストヒッツの一話を読む感じ。こんな読み方どうよ?と思うけど原作知らなきゃつまらないかなーとも思い、読んだ事ない原作もあるのでこの機会にとも思い。
今B-1の「革トランク」を読んだ所。これどこがクロスしてるんだろう〜と思ったら()で囲まれた文章が間隔置いて出てくる所なのか…。しかしこの「革トランク」、原作初めて読んだんだけどちょっとうわ〜ってなった。3回読んじゃった。やっぱり凄いな宮沢憲治。「その大トランクを見てにが笑ひをしました。」って、やばいと思った。
ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ