ゆらゆら帝国 @SHIBUYA-AX

ひさびさにゆら帝のライブにいってまいりました。いったい何時から行ってないんだろうってくらいに久々です。チケットは取りながらも都合が悪くなって行けなかったり金欠で行けなかったり。
なんとなく日帰り出来そうだったので高速〜高速バスを乗り継いでの日帰りライブ。心配していた雨にも降られずなんか気持ちのいい日でした。
AXでゆら帝見るのってもしかしたら初めてかもしれない。やっぱり男の人が多いな〜なんとか2列目をキープして開演を待つ。しかし何やら始まる前が興奮してる人がいてさわいでました。ああいう人がいるとそちらに気をとられてしまってライブが台無しになることあるので近くじゃなくて良かった〜。しかしなんか始まる前から熱気…とも違うか…何ともいえない空気が充満していくのがわかる。そして開演ちょっと前に、たった…どお〜って感じで人が押し寄せてきた。
一曲目は新譜の一曲目「2005年世界旅行」から。うわ〜もうアルバムの世界そのままに不穏な感じが漂っている。しかし…もの凄く坂本さんが近くに見えた!ゆら帝、こんな前で見たことかつてなかったかも。最初音が気になってかアンプのつまみ回してたりしてましたがすぐに安定したような気がする。
ギターの音がね〜本当に凄かったです。こんな前にいるのに、AXなのにびっくりした。そのギターの音がどんどん自分の感情を満たしていって、うわ〜うわ〜やばいよ〜って思うしか出来ない状態でした。
前半は新作の曲が中心だった。音源とライブだとやっぱり感じがちがってすぐにその曲ってわからなかったり、へえ…こんな風に来たか〜と思ったり。「ロボットでした」とか全然印象が違ったな…。
ゆったり目の曲だとあまり動かず激しい曲だとフロア全体が波打ってました。なんかまあ押されもしたけどよい感じのお客さんだな〜と。私も終盤は世界によって揺れまくってました。坂本さんがギターをあの動きで弾くとやっぱテンションが上がる。あと表情もやばかった。ときどきじーっと客の方見るんですよ、その目がやばかったです。なんかいかあの髪をぐしゃぐしゃにかき回してたし…千代さん、ずーっと前むいて淡々とベース弾いてるイメージだったんだけど違ってました。しっかりと坂本さんの動きを目で確認してました。そのコミュニィケーションにまたクラクラしました(すいません、意味わからないですよね…)そして一郎さんのドラムがまた凄かった。何度となくそのドラムに目を奪われてしまいました。(モーサムの時、百々さん見てるのについイサムさんに目を奪われるような…)
新譜ほとんどやったんじゃないかな〜「スイートスポット」はやらなかったような…。後半は前作や昔の曲も「昆虫ロック」とか。そして最後から2曲目にやった「無い!!」で気持ちが頂上までいってしまいました。凄いな〜ライブで聞くとこんなだったんだ…またしてもライブにいってないのを後悔。これで感涙にむせび泣いて終わりかと思ったら「宇宙人の引っ越し」でするりと力をぬかせてくれました。こんな所もよかった〜。あとはね照明もよかったです。赤いライトは本当に彼らにぴったりで。
実はもしかしたらこの日のライブは個人的に今年のNO.1かもしれません。この間のブッチャーズとどっちか。モーサムは冷静になれないから…はずしてください(汗)7月と9月のライブ見に行けるといいな〜