桐野夏生「白蛇教異端審問」読み終わり

桐野さんの始めてのエッセイ集。いろんなところに書かれた文章を集めた感じ。後は直木賞受賞前後の日記とか。書評、映画評。ショートストーリー。小説を読んで勝手に桐野さんのイメージを思い浮かべたりしてましたが(とにかくかっこいい人としてちょっと憧れる。)意外な部分とかもあって興味深かった。家庭人の部分での生活とか。
 最後の白蛇教異端審問は共感できるかと言われればその過激な文章がちょっと個人的には苦手だったりするけどこうして追及していく姿勢が彼女なんだろうなと思った。批判的な評論に対してどう対応していくのかの姿勢。あえてこの文章を書く彼女がかっこいい。
カバーがかっこいいんだよな〜なんか凄いこってて。バイソン柄。