モーサムトーンベンダー@渋谷クアトロ

いや〜もう疲れました。身体ボロボロです。昨日はなんとソウルドアウトだったんですよね、人多かった…また詳しくは日記に書くとして簡単に様子を
年に一度のモーサム祭り、昨日のゲストはパニックスマイルにあふりらんぼ。
まずはパニスマから。この間251で見たばかりですがやっぱりかっこいい!昨日はギターの方のあれやこれやを見ながら楽しませていただきました。かちっとした美しさみたいな物まで感じさせる。淡々と曲を演奏してるのに、ぐわーっとかき回されたりもして。そして終わるとなんかさっぱりして。
次があふりらんぼでした。いきなりスピーカーに赤い布がかけられる。うわさだけは聞いていていったいどんなバンドなんだと構えてたけど「キュートな笑顔のあふりらんぼby百々和宏」でした。いきなり目の前でみせられた脇の下にはびびったけど。最初はおおっ!って思ったりした。おどろおどろしげに見えてもなんか割にポップだななんて思えてきてしまいました(笑)
そしてモーサム!長かった〜この日が。イベント出演はあったものの今日は自分達の好きな感じでやってくれるだろうとおもってた。しかしモーサムになった途端押し寄せる人々。かな〜りきつかったです。一曲目はわりにゆったりめな新曲(?)そのあとラジカルとか。序盤はとにかく客の若返り化と新曲披露にとまどい入り込み切れなかった…。ビートル、そしてポップな新曲、いいんだけどこういう感じで音源はだしていくのかな?とか正直思ったし、本当言うとなんかもっともっと濃いのや、するどい物が聴いてみたい気がしました。
でもまあハンソンのあまりの百々さんのあれこれ様にこっちもわけわからんくなってしまったけど(笑)腕をくの字にまげて頭の後ろにやったり、やっぱり足元、手元見逃せない。そうやって百々さんばかり見てたからかタケイさんの印象がちよっと薄かった。今日はおとなし目だった? イサムさんはダウンを着て限界までドラム叩いてました(笑)アンコール、ベースがトラブって間に百々さんがじゃらんじゃらん〜ふぅ〜とか新曲やりはじめそれがたまらなくよかったです。
モーサム、そしてモーサムを取り巻く状況、今年はどんな風に変わって行くのかわからないけど今年もついてゆけたらと思う。