舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」

好き好き大好き超愛してる。
 去年から読んでてやっと読めた〜って言う感じです。なんでこんなに手こずったんだろうと考えると、今まで読んだことのなかった文体って言うのか・・・・確実に新しい世代の小説って感じがしてスムーズについていくことが出来なかったから。突然話が別物に変るし、内容も独特だし、普段ゲームとかやってる人ならスムーズに入っていけるのかな?そういう面では自分、輝ちゃんとなんら変りないじゃん〜(笑)でも読んだあとなんかすかっとした爽快感があるのは何でだろうな〜と。どろどろしてなくてスパスパした感じ。一番大事な気持ちだけ抱えてたらいいやって思えるような・・・・。
 舞城王太郎はネットで知り合ったお友達が(すごくかっこいいナイスガイな彼)めちゃくちゃいいって言っててそれで読んでみたいな〜と興味を抱いたのでした。自分がはまるのかそれともやっぱり違うと思うのか他の作品もじっくり読んで見たいと思います。