阿部和重「シンセミア」読み終わり

やっと読み終わった。なんかゼイゼイ・・・・って感じです。いったいなんでこんなに手こずっちゃったんだろうな・・・・。長いちゃー長いですが、何回も中断とかしちゃったし。なんか出てくる人物一人としてまともな人間がいないです(笑)もう思い切り下世話でいやらしい人間ばかり、自分の欲望第一な人ばかり。自分にとって大事な要素のロマンチックなんてかけらもありゃしません。なのになんだかひきつけられたのは何故でしょうかね?神町全体のかもし出す底知れない不気味なグラグラのせいだろうか・・・・。いろいろ印象的な場面もあり・・・渋谷でも事故、洪水の後に流れてきた2つの遺体。最後の終り方(ここでははっきり書かないけど)はちょっと拍子抜けだった・・・・そこは不満。初めて阿部和重読んだのは「無情の世界」で、その時は凄い反発覚えました。なのに最近気になる阿部 和重。買ったままになってた(桐野夏生との対談しか呼んでなかった)「文藝」をこれから読みます。とにかく今年の夏は異邦人も読まなかったし・・・・多分「シンセミア」が2004の夏の思い出の一冊になるんではないでしょうか。

シンセミア(上)

シンセミア(上)