TIGER HOLE presents "SCRAMBLE RUMBLE"@新宿ロフト

 まず、1バンド目は「SWING KIDS」
KIDSと言う名前のとおり若い!ベースがウッドベースだったのでロカビリーかと思いましたがそんなこともなく・・・・服装もTシャツにジーンズみたいななんか普通な感じ。わざわウッドベースじゃなくてもいいじゃん・・・な曲だったんですがそのミスマッチな感じがかえっていいのかも・・・・。一生懸命な感じで印象派良かったです。

 そして2バンド目。お目当ての「RADIO CAROLINE
幕があがったそこにはウエノコウジが〜。本当久しぶりにみました、1年3ヶ月ぶりくらい。やっぱりそこにいるだけでかっこよかったです。細くて長い足やきれいな手や笑顔やら。単なるミーハー状態に陥りしばしぼんやり。しかし私の後ろの客によってその幸福は阻止された。すごい嫌な女が前に行こうと私のかたをつかみ押しのけようとしたのです。そうされるとこっちも凄い頭にきてよけい意地になり絶対ゆずるものかと阻止。諦めた女は今度は私の後ろに回り両肩をつかんで飛び跳ねると言うことをはじめました。本当に・・・・ミッシェルファンてどうしてこの手の輩が多いんだろう・・・・こういうのうんざり。せっかく前に向いてた集中力が半分そちらにそがれてなんか損した気分でした。 思い切りお返しに足踏んでやりましたが・・・・。
 ライブですがひさびさにアクティブなパッチが見れて良かったです。ギョガンのころみたく。やっぱり3人が凄い楽しんでやってるなと思った。りラックスした感じ。コウジにかぎってはやっぱりミッシェルでの緊張感あふれるそしてちょこっとエロティックなステージのコウジが早く見たくなりました。

 3バンド目「LONESOME DOVE WOOSROWS」
前に押しかけていたコウジギャルがひけて余裕すきすきな最前にて見る。かっこいいよと言ってた友達の言葉どおり凄いよかった。やっぱりおじさんはかっこよい!おじさんとは言っても30くらいなんだろうけど・・・やっぱ30男は味がありますね〜。かっこいいR&Rにひさびさ踊らされてしまいました。また見てみたいです。

帰りは友達と軽く食事をしてホテルへ。なんだか疲れて寝てしまう。明日は朝一の新幹線でどうしても帰らねばならない。