音楽

Haley Heynderickx 「I Need to Start a Gar」

http://kankoto.hatenadiary.jp/entry/2018/04/29/140820聴いたアルバムの感想はこちらに書くことになりました。

ROVOを見にピットインへ

ROVOを見に新宿ピットインへ。2時くらいについて荷物を預けて新宿御苑へ。この間の写真教室の課題、御苑でもう少し写真を撮れないかなと思ったけれどあいにくの曇り空。光の射さない空が恨めしい。それでもちょこちょこと桜が咲いている。1週間後くらいが…

U.S. Girls 「 In a Poem Unlimited」

ポートランド出身で現在はトロントを拠点とする女性アーティスト、Meg Remyによるソロ・プロジェクト、U.S. Girls。通算6枚目となるフル・アルバム!! 2015年の移籍作『Half Free』に続く、4ADからの2枚目のアルバム入。 前作の「Half Free」がすごく好きでこ…

I’m With Her 「See You Around 」

アメリカーナ、ルーツミュージシャンのサラ・ワトキンス、サラ・ジャローズ、イーファ・オドノヴァン、3人によるユニットのファーストアルバム。 こちらのアルバムの発売も丸山ヨシヲさんのブログで知りました。速攻ポチってしまった(笑) こちら3人のこ…

Field Music 「Open Here」

ピーター&デヴィッド・ブリューイズ兄弟による英サンダーランドのバンドの2年ぶりとなる7枚目?のアルバム2012年のPlumbは購入してましたが前作 Commontime はなんとなく買い逃していた。なんとなくアップルミュージックで聴いて満足してしまった。今…

Radio Caroline Roulette Lounge@新宿ロフト

キャロラインさんを見に久しぶりに新宿のロフトへ。あれ?久しぶりかなどうだっけ?記憶があいまい(笑)Roulette Loungeというレディオキャロライン主催のイベント。出演者は写真の通り。楽しかった。久しぶりに目の前でくねくね動く百々ちゃんを見た(笑)…

Art Feynman 「Blast Off Through the Wicker「」

ブルックリンの異才バンドHere We Go Magicの中心人物、Luke Templeによるプロジェクトのデビューアルバムアップルミュージックでおすすめされてて聴いてみたらあれ?なんかいい♪と思いはまってしまいました。眠るときに小さい音で鳴らしながら何周も聴いて…

Chris Difford I Didn't Get Where I Am

Squeezeのクリス・ディフォードが2002年にだしたファーストアルバム。丸山ヨシオさんのブログで紹介されていたのがきっかけで聴いた1枚。Squeeze自体自分は後付けで聴いたのですが、そしてちゃんと聴きこめていないので色々言えないんだけどソロアルバム…

matt pond PA「 Winter Lives」

去年買ったアルバムを聴き返すシリーズ何がきっかけで買ったのか思い出せなくてこのアルバムのことを検索したのだけどやっぱりあまり出てこなくて(日本語で)Matt Pond paはフィラデルフィアのバンドで、discosで見てみると1988年にペンシルバニアでMat…

Cloud Nothings「 Life Without Sound」

去年聴いていたアルバムをもう1枚 米オハイオ州のインディーロック・バンド 約2年ぶりの通算4枚目インディー節が炸裂しててたぶんもう自分にはない若さの疾走感と切なさが同居している。19歳の自分が聴きながら泣いてみたい音。これを書いてるのは2018…

Ty Segall「Ty Segall」

そのTy Segallさん、新しいアルバムがでたばかりだけどこれは去年に出た2度目になるセルフタイトルアルバム。Ty Segallはしょっちゅう音源を出しているイメージ、しかもソロ名義だけじゃなくバンドも何個かやってるのかな?把握できてないです(汗) 私が持…

NICK HEYWARD 「Woodland Echoes」

こちらも昨年買ったCD。いつも更新を楽しみにしている丸山ヨシオさんという方のブログで紹介されてた1枚。 元ヘアカット100のニックヘイワードの20年ぶりのアルバム。ヘアカット100は全然リアルタイムで聴いてなくて友達に2年位前に教えてもらうまで知ら…

Drab Majesty 「The Demonstration」

カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とする Drab Majestyが2017にだした2枚目のアルバム。二人組なのかな? ワルシャワさんで紹介されていて聴いてみた。 80年代ニューウエーブ、ニューロマンテックの香りがプンプンしていて、あれ?このアルバムってあの…

CLAP YOUR HANDS SAY YEAH「The Tourist」

NYブルックリンで結成された5人組インディー・ロック・バンド、3年振り通算5枚目のアルバム。去年買ったアルバムを振り返っているんだけどむしろ買った時より真剣に聴いていたりする(汗)それでこのアルバムの他の人の感想を読もうと思って検索したけれど、…

The High Llamas 「 Hawaii」

ハイラマズの1996年に出た2作目?3作目?のアルバム Snowbugは確かリアルタイムで買って気に入って結構聴いていた。だけどそれ以降きちんと追いかけてなかったバンドだ。 なんとなくそのタイトルも気になって去年聴いてみたいなと思って購入。29曲もあっ…

折坂悠太 「あけぼの」「たむけ」

時々見ている&Premiumのサイトの中に「土曜の朝と日曜の夜の音楽」と言うコーナーがあって色んな人が1か月担当して土曜の朝と日曜の夜に聴く曲を紹介している。気になったものはアップルミュージックで聴いてみる。ちょとお気に入りのコーナーそこ…

渚にて「星も知らない」

去年アマゾンで買ったCDを見返しててこのアルバムが去年買った1枚目だった。買ったとき少し聴いてそのあとあまり聴かなかったなあと思ってそうだまた去年買ったものを順番に聴いてみようかなと思った。それでこのアルバムを聴いたのだけど1曲目の「光る風…

The Luyas 「Human Voicing Import 」

毎年年末になると1年の聴いたアルバムから自分のベスト10などを考えるのだが去年はどうしてもはっきりと選ぶことが出来なかった。いろいろと聴いていたはずなのに圧倒的な存在感のある(自分の中で)ぱっと思い浮かべることのできるアルバムがなかった。…

Tom Adams 「Silence」

イギリスのSSWトム・アダムスのデヴューアルバム。 まるでヨンシーの歌声をもったニルス・フラーム と言うコピーに魅かれて試聴したらとても良かったので購入。 たしかにシガーロスを思わせる部分もあるけれど、特にファルセットボイスなど、しかし最初に…

beach fossils 「somersault」

ニューヨック・ブルックリンのバンド、Beach Fossilsの4年ぶりとなる3作目。前作のアルバムが大好きだったので即予約をして楽しみにしていた。もったいないからアップルミュージックで先に聴くのも抑えていた(笑)それで最初に聴いた時は あれ? と言う感じ…

AMERICAN FOOTBALL@恵比寿リキッドルーム

AMERICAN FOOTBALLを見にリキッドルームへ。体調が今一つでしかもバスの運転手があわなくて若干酔い気味で上京したのではたして無事に楽しめるか不安になったけれどなんとか端のバーにつかまりながら見ることが出来たので良かった。AMERICAN FOOTBALL、バン…

Hazel English 「Just Give In / Never Going Home」

オーストラリア出身、オークランドを拠点に活動しているHazel Englishの今まで出された2枚のEPを1枚にまとめたアルバム。彼女の事はどこかのサイトで見ていてそのガ―リーな可愛らしさから気になっていた。CDで出されることを知って購入。こちらはキラ…

Day Wave 「The Days We Had」

カリフォルニア州オークランドを拠点に活動するヴォーカリスト/マルチ・インストゥルメンタリスト、ジャクソン・フィリップスのソロ・プロジェクト、デイ・ウェーヴのデビューアルバム。 気になるアルバムがあるとアップルミュージックで試聴。そこで試聴止…

Real Estate 「In Mind」

ニュージャージー州出身のREAL ESTATE3年ぶりとなる4作目。ギターのMatt Mondanileが脱退し新たにJulian Lynchが加入しての作品。実はここ数日はこればかり聴いていて今日も野音までこちらを聴いておりました。前作も好きだったので出るのが楽しみでした。 …

ROVO presrnts MDT Festival2017

今年も友達と宇宙の日へ行ってきました。本当は大阪のバインちゃんもとっても行きたかったんだけど宇宙の日だけはずっとこの音楽仲間で参加してきたので後ろ髪を引かれながらもこちらを選択。1年で一番?楽しさと解放感を味わえる日。今年のゲストはD.A.Nと…

Blackfield 「Blackfield V」

Porcupine Treeのメンバーでイギリスのミュージシャン、プロデューサーのSteven WilsonとイスラエルのミュージシャンAviv GeffenのユニットBlackfieldの5作目。Blackfieldの作品ははじめて購入。 Steven Wilsonの事は友人にソロ作を聴かせてもらって初めて…

Father John Misty 「Pure Comedy」

元FLEET FOXESのドラマーのファーザー・ジョン・ミスティことジョシュ・ティルマンの2年ぶりの3枚目。前作もとても気に入っていたので新作が出るのを楽しみにしていた。前作のジャケットとても凝っていたけれど今作も素敵な仕上がり。 ジャケットの色は何色…

Lesley Duncan 「Everything Changes」

時々昔のSSWのアルバムを買います。年に何回か。こちらはカケレコさんで紹介されていてレスリーダンカンは1枚持っていて好きなので購入。 英国女性シンガーソングライターレズリー・ダンカンの74年の3枚目。彼女はピンク・フロイドやアラン・パーソンズ・プ…

Feist 「Pleasure」

最近年齢のせいか音楽を何時間も続けて聴くのが苦痛になってきた。これは今までになかったことでこの変化を受け入れたりしているところ。音楽もテレビも何もつけずに外の音だけを聴きながらぼんやりしている時間て贅沢だなと思ったり。 そして最近は無理しな…

kelly lee owens「kelly lee owens」

届いたばかり。ジャケットに魅かれ試聴してみたら良かったので衝動的にポチってしまった。半分ジャケ買い。なのでまだ聴きこんでいませんがここ数日もう1枚届いたものと交互にきいております。 ロンドン在住のプロデューサー Kelly Lee Owensのテビューアル…